おやじのITライフ

ITを使いこなすことがオサレ

SSDに換装してみた

ちょっと古いノートパソコン、ACERのASPIRE1410です。

 

ASPIRE1410

ASPIRE1410

ネットブックに毛が生えた程度のノートパソコンなんですが、小さいし、使い勝手は良好なんですが、なんせ、遅い。

で、SSDに換装することにしました。

用意したもの

まず準備したものは、SSDとSATA(USB)ケーブル、それとドライバー(プラスのねじ回しね)1本。

SSDは、アマゾンでCRUSICALの275GB 約7000円

ケーブルは、同じくアマゾンでノーブランドのものを購入。

SSD

 

これだけです。

本来は、これに、ドライブのデータをコピーするユーティリティソフトがいるんですが、

SSDにオマケでついてきたAcronis True Image HDに機能限定版を使いました。

 

実際の手順

まず、ネットからAcronis True Image HDをダウンロードして、ノートPCにインストール。

そして、ケーブルでPCとSSDを繋いで、Acronis True Image HDを起動。

SSDをPC内蔵のHDDのクローンにしました。

ここで、注意しなければならないのは、バックアップやコピーではなく、クローンにすること。

クローンでなければ、起動しません。

 

実際にクローン化が完了するまで、約3時間かかりました。

 

クローンが完成したら、SSDからケーブルを外します。

そしてPCをシャットダウンして、本体を裏返し。

ネジゆるめ裏蓋を外したら、ハードディスクが見えてきました。

ハードディスクを取り出し、そこにクローン化したSSDを入れました。

サイズもバッチリ、コネクタもバッチリです。

 

裏蓋を戻して、祈るような気持ちでPCを起動。

祈りが通じました!あっさり、WINDOWSのログイン画面が登場。

 

クローン化に時間はかかりましたが、手順としては間違えようがないぐらい簡単ですw

 

結果!

SSDに換装することが目的ではありません。

換装してどうなったかが、問題なのです。

 

screenshot_2016-11-07-15-45-43 screenshot_2016-11-15-18-55-07

左が、SSD換装前の起動時間で、右が換装後の起動時間です。

約半分の時間で起動することがわかります。

 

また、操作中のスピードは飛躍的に向上したように感じます。

日本語変換が超遅くストレスだったのですが、すいすい入力できるようになりました。

 

換装、正解です!!